04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06
    特選中古車 オリジナルパーツ メンテナンスメニュー PORSCHE BLOG
    HOME

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [edit]

    trackback: -- | comment: --

    10Lapテスト 

    1430962210757.jpg
    5月6日に行われたSUGOサーキットゲーム第2戦

    ZestyCarreraで参戦してきました。
    今回のテストは10Lapレース形式の走行会を走り切れるか!

    ノーマルキャリパーでどこまで通用するかテストしたいと思います。
    また前回オイル上がりの症状から、今回オイルを変更して改善されるかも同時に確認したいと思います。

    危なくなったらリタイヤの方向で!!


    参加したクラスはSP-1NAクラスで、1’42”000を切ってはいけないクラス。
    予選20分2回の走行でまずオイル上がりの症状の確認。
    症状はなくなりました。やはりサーキットを走るなら硬めのオイルが正解のようです。

    最後にアタックしましたが、やはり気温の上昇と、タイヤのタレもありベスト更新ならずの43秒011

    しかし・・・・・
    1430966774047.jpg

    ポールポディションGET!!

    レースは、そのまま先行逃げ切りトップでフィニッシュ♪


    不安要素のブレーキも何の問題もなく、最後までフィーリングも変わらず安定してました。
    996はノーマルでもサーキット遊びが出来る車であることが分りました。



    しかし・・・・

    自慢げにパドックに戻ってくると

    DSC_0290.jpg
    ジャンプスタートペナルティーで35秒加算されてクラス6位でした。

    フライングは駄目よ!!


    996の素晴らしさも体感できたので結果オーライ?
    しかし、今回初めてレース形式の走行会を走らせてみましたが、ノーマルで十分楽しめる996はすごいですね。
    ラジエターも替えず、オイルクーラーも付けず、ほんとにブレーキパッドだけ替えてこのポテンシャル。
    サーキット遊びには996はお勧めです♪
    スポンサーサイト

    [edit]

    trackback: -- | comment: 0

    ケイマンR 

    ライトウエイトな車ほど軽快にサーキット走行を楽しめるというのは誰もが分っていることですが
    軽量なボクスターやスパイダーなどの幌タイプのオープンではサーキットを走ろうと思うと
    ロールバーの装着などが必須になってしまい、お手軽感が・・・

    そこで登場がケイマン。幌車両ほどの軽量ではありませんが、10psアップのエンジンと
    ハードトップの剛性感で重さを感じさせません。
    その中でもサーキット走行を前提とした車両がケイマンR

    そんなミッドシップモデル987ケイマンRがご来店!!
    DSC_0004(2).jpg
    思わぬライバル出現に、敵情視察(笑

    リフトアップし、あれやこれやと観察&測定
    DSC_0005(2).jpg


    DSC_0008(2).jpg
    PDKモデルなので、私のようにシフトダウンに悩まなくても大丈夫!?

    取りあえず、ブレーキパッドの交換と、6点式のシートベルト取付させて頂くことになりました。

    アンカーボルトを付けるところが無いので、ボディ加工しないでつけれるようにワンオフで制作します♪
    製作過程は後日!

    DSC_0010(2).jpg
    996より軽くて、30psもお馬さんが多い・・・・
    かなりの強敵登場に、さてどうしましょう?(大汗

    [edit]

    trackback: -- | comment: 0

    OBDⅡ 

    以前から気になっていたことがありました。

    それはエアバックの警告灯。

    多分以前のオーナーがステアリング交換時に点灯させてしまい消せずにそのままだったのでしょう。
    DSC_0161.jpg
    警告灯の消去はこのLAUNCHでも消去可能でした。

    しかし見れる範囲は少なく、ポルシェにはいまいちでした。新しい診断機も検討しなくてはなりませんね。

    [edit]

    trackback: -- | comment: 0

    続メンテナンス 

    DSC_0128.jpg

    大沼さんの走行会からメンテナンス再開です。

    まずは中古車購入から一度も交換してないエアクリーナー

    かなりの大きさのフィルターです。どのぐらい交換していなかったのかわからないほ
    ど汚れてました。

    今回はK&N製のフィルターに交換します。
    DSC_0104.jpg

    洗浄して何度か使えるものです。

    ついでにエアコンのフィルターも交換します。
    DSC_0111.jpg

    こちらも外してびっくりの汚さ。
    国産車は車内にあるのが主流ですが、ポルシェは左フロントのバッテリ横についてい
    るので汚れやすいのでこまめに交換がお勧めです。

    そして前回オイル上がりの症状がでたのでオイルの硬さやの種類を変えてみようと考
    案中。
    オイルパンを剥がして、色々対策してみます。

    サーキットゲームで10Lapの連続走行と、オイルの片寄り、オイル上がりのテスト
    結果は後日掲載しますね。

    [edit]

    trackback: -- | comment: 0

    テスト走行 

    本日、大沼プランニングさん主催の思いっきり走行会にお客様とテスト走行してきま
    した。

    使えるピットが無かったのですが、大沼さんのご厚意により車検場を開けてもらいま
    した!
    DSC_0129(1).jpg

    車検場が使えるということは・・・・

    そうだ!車両重量も計っとけ・・・ということで

    996カレラ前期の車両重量は
    DSC_0130(1).jpg

    まぁまぁでしょうか?(汗

    そんな訳でノーマルカレラの実力を計るべく走行開始♪

    RR独特のトラクションと、くせのないハンドリングでとても軽快に走ります。
    徐々にペースアップ・・・

    そこで問題発生!!

    2速にシフトダウンが出来ない!!俺(汗


    左ハンドルのマニアル車がはじめてな私・・・・

    要練習です(汗

    そんな理由もありましたが、19Lap目の1分42.1がベストでした。

    色々と改善できそうなところもあり、決まれば30秒台には入りそうですね。
    ノーマルでも十分なパフォーマンスでした。

    今度は10Lapのスプリントレースにブレーキが耐えられるかのテストしてみます。

    次回はこの買った時から付いてるズルズルなタイヤを替えたいですね。

    [edit]

    trackback: -- | comment: 0

     

    サーキットテストに向けて引き続き走行準備!


    996前期はフロント318φ、リア299φと言うローターサイズ。
    同年式の国産と比べるとちょっと小さい感じがします。

    しかし、車両重量が1300kg台ということもあり、またラジアルタイヤでの走行
    なので
    とりあえず純正ブレーキのテストを兼ねてパッドとフルードを交換することにしまし
    た。

    純正ドリルドローターはそれほど摩耗しておらず今回はこのまま使うことに。

    続いてブレーキパッド
    今回のコンセプトは、国産メーカ-でのチューニングということもあり
    チョイスしたのはもちろんENDLESS製品。
    長年の勘から、今回はサーキットコンパウンドのCC43と言う摩材にしてみました。
    レーシングコンパウンドは20,000円と金額もお安くいろいろな種類が選べるのでお勧
    めです。
    ただし納期がかかるので、お早めに注文してくださいね!


    今回ももちろん在庫などあるわけもなく・・・(汗
    走行見合わせかと思っていたら


    そこは流石エンドレスさん!二日後に到着!!(驚

    いつも急な注文にも素早く対応して頂いてありがとうございます
    DSC_0059(1).jpg


    ブレーキホースももちろんENDLESS Ewig
    DSC_0074.jpg

    996の設定もあり、スチール製、ステン製の二種類から選べます。国産車と同一定価
    と言うのもうれしいですね。

    ブレーキフルードはいつものRF650を使用し、すべて交換して完成!!

    制動力も上がり、ペダルのタッチも劇的に変わりました!

    これでブレーキ周りは完成ですかね!

    次はメンテナンス第二弾にいきます。

    [edit]

    trackback: -- | comment: 0

    オイル交換 

    SUGOテスト走行に向けてメンテナンスです。

    996に限らず、ポルシェはエンジンオイルの量が8~9L使用します。
    なのでオイル交換もいい金額になりますが、交換時期は8,000km~1万kmとも言われ
    ています。
    予算の許す方は早めの交換でもいいでしょうが、そんなにシビアにならなくても大丈
    夫です。

    メーカー認定オイルはこちらのようです。定価は1L:1750円

    常に在庫有りますよ。

    しかし当社の車両には
    もちろんREDLINE OILを使用します。
    さくっと8.5Lはいりました。
    996前期はオイルレベルゲージが付いてるのでオイル量も確認しやすいですが
    後期や997などはアナログなレベルゲージは付いておらず、オイル量の確認には
    純正メータで確認したり、診断機を接続しないとできません。

    そして注意しなくてはいけないのがドレンボルト
    アルミ製でとてもなめやすいです。高いものでもないので毎回の交換をお勧めしま
    す。
    996、997、ケイマン、ボクスター用などは常時在庫してますが空冷や991など
    は事前にご確認ください。


    オイルフィルターはカードリッジタイプでついでに交換。
    ミッションオイルもREDLINEの79w-90で一緒に交換して終了♪

    エンジン音も静かになりすごくスムーズになりました!

    次はブレーキまわりに移ります!

    [edit]

    trackback: -- | comment: 0

    シート交換 

    20150515191553544.jpg


    先日気になったボロボロのシート・・・・。流石にこれはないなということで

    出来ればブリッドさんのEDIRBを付けたいところですが、

    取りあえず他の車で使っていたものと交換してみました。


    シートレールのボルトを外そうとシートを後ろに下げようとした時、異常発生!!

    シートが後ろに下がらない!!

    良く見ると

    シートベルトのアンカーボルトで強制的にストップ状態でした(汗
    前オーナーさんは4点式のベルトを着けていたということですね。

    純正のボルトに戻し、RECAROのSP-Gにスーペリアさんのカバーが付いているシートで
    すが、意外にいい感じです。

    でもそのうち替えますが、とりあえずということで・・・。

    ついでにステアリングも交換。ワークスベルさんの脱着式のボスもついでに装着♪
    DSC_0122.jpg

    ちょっと雰囲気出てきました。

    次はメンテナンスに入ります!

    [edit]

    trackback: -- | comment: 0

    テスト車両 

    先日、到着したテスト車両1号機。

    まずは点検開始!

    平成11年式ですが、このての車両は車庫保管が多くボディーは結構程度がいいです。
    20150515191622958.jpg

    下廻りも点検しましたが、10万キロ超えの距離の割には程度がよく、しっかりメンテ
    ナンスされてた車両だとわかります。
    もちろん、事故歴もありませんでした。


    ただ、残念なところが
    20150515191553544.jpg

    シートがボロ過ぎる(笑)

    この辺から変えて行きますかね。

    [edit]

    trackback: -- | comment: 0

    新しい開発車両!? 

    平成10年から14年までの996型 ポルシェ911カレラ

    今までの空冷から初めて水冷になった初期物です。当時は大きく様変わりしすぎたため、ポルシェファンの間でも
    受け入れられないモデルでした。

    今でもたまにポルシェは空冷でしょ!という言葉も聞きます。

    水冷ポルシェも第3世代になり熟成されてきた今、改めて水冷911の始点996ポルシェを見ると

    見れば見るほど911であることに気が付かされる。

    より実用性がまし、何も気にせず日常的に使える911だということが。

    また不人気が故のお手頃価格で手に入る。

    普通のカレラなら250万以下で手に入るものまである。

    予算が許す人はターボやGT3という選択肢もある。

    しかし世間一般的な価格ではないので、MAX300万という予算で
    考えると996カレラになる。



    ドライブも楽しめ、たまにサーキットで全開!

    40過ぎた世代の私にはこんなスタイルもありなのかなと思わせる。

    しかし15年前の車でサーキット?速いの?何秒ぐらいなの?壊れない?壊れたら高そう、維持費は?など不安になるでしょう。

    そこをこのブログを通して皆様にお伝えしていきたいと思います。

    さて車両探しからスタートしますか!!



    乞うご期待!!

    [edit]

    trackback: -- | comment: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。